資金不足で賃貸不動産を利用するケース

部屋を借りたいけれど、部屋を借りるには、初期費用が思った以上にかかります。
そのため初期費用が足りないという人もいるかもしれません。
ではそんな時に、賃貸不動産はどのような対応をしてくれるのでしょうか?

確かに賃貸不動産の看板やサイトには、「資金不足相談」と書かれているケースがあります。
この場合、資金不足でどうすれば、部屋を借りる事が出来るのか気になりますよね。

資金不足で部屋を借りる方法はいくつかあります。
まず初期費用の交渉をする事です。
初期費用には、敷金、礼金、仲介手数料、家賃の前払い、保証料などが含まれます。

この中で家賃の前払いや保証料は、値下げする事は難しいと言えます。
ですが敷金、礼金、仲介手数料に関しては、実は家賃交渉をするよりも、初期費用の交渉をした方が成功しやすいと言えます。

なぜかというと、家賃は一度値下げに応じてしまえば、その後ずっと値下げした家賃のままです。
また同じマンション、アパートに入居している他の住人も、同じ条件で自分達の家賃の方が、後から入居した人よりも高ければクレームに発展してしまいます。

その結果、全住人の家賃値引きに応じてしまうと、大家さんの家賃収入は大打撃を受けてしまいます。
それなら家賃交渉には応じてないけれど、敷金、礼金、仲介手数料は無料にしてくれるという大家さんも存在しています。

特に空き室がなかなか埋まらないという物件ほど、交渉に応じてもらいますいので、ネットで小まめに空き室状況を確認しておきましょう。

また初期費用の値引きには応じない大家さんでも、一括払いではなく、分割払いに応じてくれるケースもあります。
分割払いの方がより利息がつき、支払う総額自体は割高になります。
ですが引っ越しの際には、引っ越し費用や新しい家具、家電など何かと物入りです。

そのためお金が足りず、分割で初期費用を支払えるなら、負担が小さくなって嬉しいという人もいるでしょう。
初期費用の分割払いに応じてくれるかは、契約前に確認して下さい。

あと資金不足相談を謳っている賃貸不動産の中には、資金相談に対して解決方法が金融業者を紹介するだけというケースもあります。
しかも金融業者に紹介する事で、賃貸不動産は紹介料を受け取っています。

ただこのようなケースでお金を借りる場合、相場と比べても利息が高いのでお勧め出来ません。
そもそも金融業者でお金を借りるという事は、借金です。
新しい部屋を借りるために借金をするという行為自体が、やめておいた方がいいでしょう。

もし資金不足でもどうしても、引っ越しをしなければいけない事情がある場合は、親や親族にお金の相談をして下さい。

また資金不足で新しい部屋を借りたい場合に、ルームシェアをするという考え方もあります。
ルームシェアすれば、初期費用も家賃も半額に抑える事が出来ます。
しかも引っ越した後の生活費も光熱費や家賃、ネット通信費などが半額になるため、負担を抑える事が出来るでしょう。

ルームシェアに関しては、TVでテラスハウスを見て憧れている人も多いかもしれません。
ですが一般賃貸では、騒音や世間体を考慮して、大家さんが受け入れていない物件も少なくありません。そのため契約前に、ルームシェアが可能な物件がどうか必ず確認して下さい。

勝手に入居後に住人の人数が増えているのは、契約違反になるため注意しましょう。
あとルームシェアがOKな物件の場合に、肝心な事はルームメイトを見つける事です。
ルームシェアハウスの場合は、1人で申し込む事が可能で、自分でルームメイトを探す必要はありません。

友達や知人とルームシェアをするという場合は、2人の入居であれば、一般賃貸でも可能なので物件の選択肢は多いと言えます。ただし仲のいい友達や知人であっても、一緒に暮らして上手くいくかどうかは別の問題です。

もし共同生活が上手くいかなかった時にどうするか、家賃等の問題もありますよね。
最低限1年間は一緒に住み、2人とも引っ越し先が見つかるまで出ていかないなどのルールを決めておく事をお勧めします。

賃貸不動産の仕事と担当者

部屋を探しているという場合、賃貸不動産へ行き、条件に合う部屋を見つけてもらい、案内してもらった。
そんな経験がある人は多いでしょう。賃貸不動産の仕事というと、大家さんと入居者の仲介する事が主な仕事となります。
では具体的に賃貸不動産の仕事内容について紹介していきます。

賃貸不動産の仕事内容は、大きく分類すると、賃貸仲介と管理が主な仕事となります。
その仕事の流れは、賃貸不動産で取扱いがある物件に空室が出た場合、空室を埋めるために働きかけます。
まず入居者を募集するために、広告作成を行います。

広告作成は、以前フリーペーパーやチラシが中心でしたが、最近はネットが中心です。
そのため部屋を探す場合は、まずはネットで情報収集し、自分が住みたいエリアの家賃相場や住みたい部屋の条件を明確にしましょう。

また広告作成で1番大きく取り扱っている部屋は、集客目的の目玉物件の可能性があります。
実際に賃貸不動産に訪れると、それよりは条件が悪い、もしくは家賃が高い部屋を紹介されてしまいます。
「広告の部屋はもう契約が決まってしまった」と言われてしまうと、別の部屋を紹介してもらうしかないからです。
ですが自分の条件に合わない場合は、断る勇気も必要です。

広告をみて賃貸不動産に訪れる客に対して、物件を紹介し、案内、契約、引き渡しまで担当します。
どのような物件を探しているのか、条件の優先順位がなんなのか、話を聞きながら相手が求める部屋を提案する仕事なので、担当者はヒアリング力が重要となります。

引き渡しを行い、入居までが担当となりますが、入居後の管理も賃貸不動産の仕事となります。
ただし管理をどこまでしてくれるのかは、賃貸不動産によって大きく差があります。
入居後も、しっかり管理してくれて、トラブルが合った時にも安心して相談できる、そんな賃貸不動産を選ぶと安心です。

また賃貸不動産選びも重要ですが、担当する人によっても、部屋探しの満足度は大きく変わってきます。では担当者の当たりはずれについて紹介します。

まず先ほど紹介したように、担当者はヒアリング力を問われる仕事です。
相手の望む条件を聞き出し、条件に合う物件を提案するためには、経験が必要となります。
ですが実は賃貸不動産という職種は、人の出入りが激しく、新人がいる可能性が高いと言えます。

経験がない新人に、物件の紹介をしてもらう事は、出来れば避けたいところです。
賃貸不動産には、待ち時間を減らすために、事前に予約をする事が基本です。
そしてその予約をいれる際に、担当者は新人以外を希望します。

そんな一言を添えてみる事も効果的だと言えるでしょう。
なかなか新人以外でと言ってくる客に対して、新人をつけるとトラブルに発展する可能性が高いので、ベテラン担当者をつけてくるはずです。

また担当者の力量を見極めるために、こんな質問もしてみましょう。
あなたが住みたいと思っているエリアに対して、「街の雰囲気やおすすめのお店」を尋ねてみて下さい。担当者は、その街で働き、その街の物件を紹介している訳です。
それなのに、街の事を全然知らないという担当者は、仕事に対する意識が低いと言わざるをえません。

街の事もそうですが、それ以外にも、物件以外の事をどれだけ知っているのか、条件に合う物件に対して、どのように柔軟な提案が出来るのかどうかによっても、担当者の力量が問われます。

そして物件に対して、メリットばかり伝えてくる担当者も少なくありません。
ですがその物件には、メリットだけでなく、デメリットもあるはずです。
それを隠すのではなく、キチンとデメリットも事前に伝えてくれる担当者は信用する事が出来ます。

単純に、この担当者は話しやすいという事も実は重要になってきます。
なぜなら、ちょっと怖い、相談しにくい人が担当者になってしまうと、聞きにくい事も出てきてしまいます。部屋を借りるという事は、その人の経済事情や価値観などがあからさまになると言えます。

だからこそ話しやすく、何でも気軽に相談する事が出来る担当者の方がいいのです。

賃貸不動産のサービスについて

賃貸不動産なんて、どこを選んでも大差ないと思っている人もいるかもしれません。
しかしながら、賃貸不動産によってサービス内容や、物件、料金に大きく差がつくケースがあります。
では、最近人気の賃貸不動産は、他の賃貸不動産と何が違うのか、選ばれている理由について紹介します。

「仲介手数料が無料」の賃貸不動産は、増加傾向にあります。
仲介手数料の相場は、家賃1ヶ月分ですから、数万円が無料になるのは大きいですよね。
仲介手数料が無料だと、賃貸不動産は利益が出ないのでは?

そんなふうに思う人もいるかもしれません。
ですがこれは、賃貸不動産が無料でサービスを提供している訳ではありません。
本来賃貸不動産に支払われる仲介手数料を代わりに、大家さんが支払っているという仕組みです。
大家さんとしては、仲介手数料を負担してでも、空き室を作りたくないという理由です。

借り手としては、仲介手数料が無料で初期費用が抑えられるので、どちらにとってもメリットがあるWIN・WINな関係だと言えるでしょう。

「インターネットが無料で利用できる」インターネットは引っ越しの際に、個人で申込み手続きをするものというイメージが強いですよね。そして月額5000円前後かかってしまいます。
しかしながらマンション全体でインターネットに、申込み月額基本料が無料で利用できる物件も増えてきています。

同じ条件の部屋であれば、インターネット無料の方が絶対にお得ですよね。
またインターネットの他にも、有料チャンネルを無料で利用できる物件もあります。
物件選びの段階で、このようなサービスの有無もチェックしてみて下さい。

ある賃貸不動産では、ポイントシステムを導入しています。
ポイントシステムとは、部屋に住むだけでポイントが貯まる仕組みです。
例えば、家賃の5%分、毎月ポイントが貯まる部屋があるとします。

その部屋の家賃が9万円だった場合、毎月45ポイント貯まる計算になります。
そして4年部屋に住めば、2160ポイントが貯まります。
貯まったポイントはどのように使用する事が出来るのかというと、住み替えの際にそのポイントを利用する事が可能です。

つまり次回も同じ賃貸不動産を利用すると、ポイントで敷金・礼金などの初期費用を支払う事が出来るという訳です。ちなみに1ポイントで100円引きになるので、2160ポイントだと、21万6000円分が割引されるので、かなりお得だという事が分かりますよね。

自分が住む地域の賃貸不動産で、ポイントが導入されていないか探してみて下さい。

「カーシェアリングサービス」賃貸不動産によっては、カーシェアリングサービスを提供しているところもあります。車を所有したいと思っても、毎月の駐車料代や車の維持費が高くて無理という人もるでしょう。ですがカーシェアリングなら、自分が乗りたい時に、気軽に利用する事が可能です。

プランによっては料金が発生する有料プランもありますが、それでもレンタカーよりお得な料金設定になっています。車を所有していても、平日は仕事で車に乗る暇がない。
週末だけ車に乗れたらという人にぴったりなプランもあります。

「家具家電レンタル」は、家具や家電を1ヶ月単位でレンタル出来るサービスです。
家具、家電付きの部屋もありますが、自分で家具や家電を選びたいという人も多いでしょう。
また家具、家電付きの部屋は物件数が少ないので、選択肢が狭くなってしまいます。

それなら気に行った部屋で、家具家電レンタルをした方がお得だといえるのではないでしょうか?
賃貸不動産では、サービスの一環として、1年以上住んでいる住民に対して、レンタル料金が1ヶ月分無料になります。
長期間住み続けると、レンタルではなく、家具家電を買い揃えた方が安くなりますが、単身赴任などで短期間であれば、レンタルをした方がお得だと言えます。

賃貸不動産も様々なサービスを提供しているので、充実したサービスの内容で賃貸不動産を選ぶといいでしょう。

賃貸不動産を利用する前に準備しておく事

引っ越したいと思ったら、すぐに賃貸不動産に訪れるのではなく、事前準備が必要です。
ではどのような事を準備すればいいのか、紹介します。

まずは情報収集が基本となります。
自分が引っ越ししたいと考えている場所の家賃相場はいくらぐらいなのか?
通勤時間に大差がなくても、沿線や最寄り駅を変えるだけで、家賃相場は大きく異なってくるものです。
また住居の近辺にどのような施設やお店があるのかによって、生活環境も大きく異なってきます。

引っ越した後で、不便さを感じないように、近辺の情報も含めて情報収集を行いましょう。
情報収集の手段は、情報量の多さでは、やはりネットが1番です。
ですが情報量が多すぎて、逆に探すのが大変という人もいるかもしれません。

なので、自分の条件を明確にして、しっかり絞り込み条件検索を利用する事をおすすめします。
またネットの情報だけでなく、フリーペーパーや賃貸情報誌の情報も有効的です。
情報量では、ネットに負けますが、沿線や最寄り駅ごとの家賃相場が把握しやすいと言えます。

またフリーペーパーでは物件情報以外にも、おすすめのお店の情報や一人暮らしに役立つレシピなどの情報も掲載されています。
なので、一人暮らしのノウハウを得る事も出来るでしょう。

先ほど絞り込み条件を明確にするべきだと言いましたが、理想を挙げるとキリがありません。
新築で、オートロックがあって、駅からは徒歩5分以内で、部屋の間取りは8畳のフローリング。
もちろん、そんな理想通りの物件も存在しています。
ですが理想の物件は、家賃が非常に高くなってしまいます。

どうしても月に支払う事が出来る金額には、上限がありますよね。
目安は手取りの3分の1と言われているので、仮に初任給が18万円の新社会人であれば、家賃は管理費込で6万円以内となります。

そうすると、立地条件にもよりますが、理想の条件を全て叶える事は無理だと分かりますよね。
あまりに高望みを賃貸不動産のカウンターで伝えても、冷やかしの客だと勘違いされてしまいます。
「その条件で6万円以内の物件は、ありません」そう冷たくあしらわれてしまいます。

なので、家賃相場を考慮した上で、自分がどうしても譲れない条件を伝え、物件を紹介してもらいましょう。

また内覧時のチェックポイントも予め決めておく事をおすすめします。
なぜかというと、内覧の時間は 一箇所で5分程度と短いためです。
そのため、漠然と見ているだけでは、見落としてしまいます。

間取りなどサイトからも分かる情報だけでなく、例えば窓から見える風景や日当たりも重要なチェックポイントです。
カーテンを開けたら向かいはお墓だったとか、駅から5分だけど目の前に線路があり、電車が通る環境では、落ち着きません。

他にも家賃相場が安いのは、近くに工場があり、騒音やニオイが原因なんてケースもあります。
大家さんはボランティアで部屋を貸している訳ではありません。
そのため家賃相場が安いのには、何かしら理由があると考えた方がいいでしょう。

自分が借りる部屋だけでなく、隣人にどんな人が住んでいるのかもチェックしたいところです。
廊下に私物が所狭しに置かれているなど、マナーが悪い住人がいるとトラブルの元となってしまいます。
賃貸不動産の内覧の際には、営業車で案内されますが、契約をする前に必ず部屋まで徒歩で歩いてみて下さい。
実際に歩くと遠く感じたり、夜になると人通りが少なく街灯がないと女性は不安に感じたりするかもしれません。

引っ越しの情報収集や準備は早めにやっておくに越した事はありません。
目安は引っ越し日の1~1.5ヶ月程度前から、準備は始めておきましょう。
ですが引っ越しの繁忙期である1~3ヶ月引っ越しが重なってしまう場合は、とにかくいい物件から契約されてしまいます。

早いモノ勝ちの側面があるため、出来るだけ早く行動に移すようにして下さい。
準備が早くしっかりしておけば、満足のいく引っ越しが出来るでしょう。