資金不足で賃貸不動産を利用するケース

部屋を借りたいけれど、部屋を借りるには、初期費用が思った以上にかかります。
そのため初期費用が足りないという人もいるかもしれません。
ではそんな時に、賃貸不動産はどのような対応をしてくれるのでしょうか?

確かに賃貸不動産の看板やサイトには、「資金不足相談」と書かれているケースがあります。
この場合、資金不足でどうすれば、部屋を借りる事が出来るのか気になりますよね。

資金不足で部屋を借りる方法はいくつかあります。
まず初期費用の交渉をする事です。
初期費用には、敷金、礼金、仲介手数料、家賃の前払い、保証料などが含まれます。

この中で家賃の前払いや保証料は、値下げする事は難しいと言えます。
ですが敷金、礼金、仲介手数料に関しては、実は家賃交渉をするよりも、初期費用の交渉をした方が成功しやすいと言えます。

なぜかというと、家賃は一度値下げに応じてしまえば、その後ずっと値下げした家賃のままです。
また同じマンション、アパートに入居している他の住人も、同じ条件で自分達の家賃の方が、後から入居した人よりも高ければクレームに発展してしまいます。

その結果、全住人の家賃値引きに応じてしまうと、大家さんの家賃収入は大打撃を受けてしまいます。
それなら家賃交渉には応じてないけれど、敷金、礼金、仲介手数料は無料にしてくれるという大家さんも存在しています。

特に空き室がなかなか埋まらないという物件ほど、交渉に応じてもらいますいので、ネットで小まめに空き室状況を確認しておきましょう。

また初期費用の値引きには応じない大家さんでも、一括払いではなく、分割払いに応じてくれるケースもあります。
分割払いの方がより利息がつき、支払う総額自体は割高になります。
ですが引っ越しの際には、引っ越し費用や新しい家具、家電など何かと物入りです。

そのためお金が足りず、分割で初期費用を支払えるなら、負担が小さくなって嬉しいという人もいるでしょう。
初期費用の分割払いに応じてくれるかは、契約前に確認して下さい。

あと資金不足相談を謳っている賃貸不動産の中には、資金相談に対して解決方法が金融業者を紹介するだけというケースもあります。
しかも金融業者に紹介する事で、賃貸不動産は紹介料を受け取っています。

ただこのようなケースでお金を借りる場合、相場と比べても利息が高いのでお勧め出来ません。
そもそも金融業者でお金を借りるという事は、借金です。
新しい部屋を借りるために借金をするという行為自体が、やめておいた方がいいでしょう。

もし資金不足でもどうしても、引っ越しをしなければいけない事情がある場合は、親や親族にお金の相談をして下さい。

また資金不足で新しい部屋を借りたい場合に、ルームシェアをするという考え方もあります。
ルームシェアすれば、初期費用も家賃も半額に抑える事が出来ます。
しかも引っ越した後の生活費も光熱費や家賃、ネット通信費などが半額になるため、負担を抑える事が出来るでしょう。

ルームシェアに関しては、TVでテラスハウスを見て憧れている人も多いかもしれません。
ですが一般賃貸では、騒音や世間体を考慮して、大家さんが受け入れていない物件も少なくありません。そのため契約前に、ルームシェアが可能な物件がどうか必ず確認して下さい。

勝手に入居後に住人の人数が増えているのは、契約違反になるため注意しましょう。
あとルームシェアがOKな物件の場合に、肝心な事はルームメイトを見つける事です。
ルームシェアハウスの場合は、1人で申し込む事が可能で、自分でルームメイトを探す必要はありません。

友達や知人とルームシェアをするという場合は、2人の入居であれば、一般賃貸でも可能なので物件の選択肢は多いと言えます。ただし仲のいい友達や知人であっても、一緒に暮らして上手くいくかどうかは別の問題です。

もし共同生活が上手くいかなかった時にどうするか、家賃等の問題もありますよね。
最低限1年間は一緒に住み、2人とも引っ越し先が見つかるまで出ていかないなどのルールを決めておく事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA