賃貸不動産の仕事と担当者

部屋を探しているという場合、賃貸不動産へ行き、条件に合う部屋を見つけてもらい、案内してもらった。
そんな経験がある人は多いでしょう。賃貸不動産の仕事というと、大家さんと入居者の仲介する事が主な仕事となります。
では具体的に賃貸不動産の仕事内容について紹介していきます。

賃貸不動産の仕事内容は、大きく分類すると、賃貸仲介と管理が主な仕事となります。
その仕事の流れは、賃貸不動産で取扱いがある物件に空室が出た場合、空室を埋めるために働きかけます。
まず入居者を募集するために、広告作成を行います。

広告作成は、以前フリーペーパーやチラシが中心でしたが、最近はネットが中心です。
そのため部屋を探す場合は、まずはネットで情報収集し、自分が住みたいエリアの家賃相場や住みたい部屋の条件を明確にしましょう。

また広告作成で1番大きく取り扱っている部屋は、集客目的の目玉物件の可能性があります。
実際に賃貸不動産に訪れると、それよりは条件が悪い、もしくは家賃が高い部屋を紹介されてしまいます。
「広告の部屋はもう契約が決まってしまった」と言われてしまうと、別の部屋を紹介してもらうしかないからです。
ですが自分の条件に合わない場合は、断る勇気も必要です。

広告をみて賃貸不動産に訪れる客に対して、物件を紹介し、案内、契約、引き渡しまで担当します。
どのような物件を探しているのか、条件の優先順位がなんなのか、話を聞きながら相手が求める部屋を提案する仕事なので、担当者はヒアリング力が重要となります。

引き渡しを行い、入居までが担当となりますが、入居後の管理も賃貸不動産の仕事となります。
ただし管理をどこまでしてくれるのかは、賃貸不動産によって大きく差があります。
入居後も、しっかり管理してくれて、トラブルが合った時にも安心して相談できる、そんな賃貸不動産を選ぶと安心です。

また賃貸不動産選びも重要ですが、担当する人によっても、部屋探しの満足度は大きく変わってきます。では担当者の当たりはずれについて紹介します。

まず先ほど紹介したように、担当者はヒアリング力を問われる仕事です。
相手の望む条件を聞き出し、条件に合う物件を提案するためには、経験が必要となります。
ですが実は賃貸不動産という職種は、人の出入りが激しく、新人がいる可能性が高いと言えます。

経験がない新人に、物件の紹介をしてもらう事は、出来れば避けたいところです。
賃貸不動産には、待ち時間を減らすために、事前に予約をする事が基本です。
そしてその予約をいれる際に、担当者は新人以外を希望します。

そんな一言を添えてみる事も効果的だと言えるでしょう。
なかなか新人以外でと言ってくる客に対して、新人をつけるとトラブルに発展する可能性が高いので、ベテラン担当者をつけてくるはずです。

また担当者の力量を見極めるために、こんな質問もしてみましょう。
あなたが住みたいと思っているエリアに対して、「街の雰囲気やおすすめのお店」を尋ねてみて下さい。担当者は、その街で働き、その街の物件を紹介している訳です。
それなのに、街の事を全然知らないという担当者は、仕事に対する意識が低いと言わざるをえません。

街の事もそうですが、それ以外にも、物件以外の事をどれだけ知っているのか、条件に合う物件に対して、どのように柔軟な提案が出来るのかどうかによっても、担当者の力量が問われます。

そして物件に対して、メリットばかり伝えてくる担当者も少なくありません。
ですがその物件には、メリットだけでなく、デメリットもあるはずです。
それを隠すのではなく、キチンとデメリットも事前に伝えてくれる担当者は信用する事が出来ます。

単純に、この担当者は話しやすいという事も実は重要になってきます。
なぜなら、ちょっと怖い、相談しにくい人が担当者になってしまうと、聞きにくい事も出てきてしまいます。部屋を借りるという事は、その人の経済事情や価値観などがあからさまになると言えます。

だからこそ話しやすく、何でも気軽に相談する事が出来る担当者の方がいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA